企画イベント情報

「淡路島かわらや」は37年前、淡路島の地場産業である

瓦製造業者(安冨白土瓦)として誕生しました。

25年懸けて製造強化しひたすら瓦造りに専念する一方

瓦産業の危機感を感じていた。

そこで取り組み始めたのがPR活動を含めた

瓦粘土を使った体験教室。

粘土遊びと淡路島の観光を結びつけた。

淡路島の瓦粘土はきめが細かく女性の肌のような

滑らかな土。

この〝土いじり〟ってのは、始めるとなぜか集中力が

高まり時間を忘れてしまう。

幸いにも当施設はキャパが大きいので(瓦工場ですからね)

大きな団体さんが入ってない限り大抵はゆっくり楽しめる。

淡路島瓦粘土

 

 

 

いい作品を作ろう!かっこよく仕上げようとか、、、、

決して気負わず童心を取り戻すつもりで気楽に取り組むのがコツ!!

・目的は瓦粘土に触れること!!

・粘土を楽しむ!!

・こう考えれば気楽にチャレンジできますよね!!

しかも、大胆に仕上げるほうが味が出るんですよね・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また10年前、淡路島の瓦と玉ねぎ、淡路島ポークがコラボした

『かわら焼』がときめきグルメとして話題となり、今や

淡路島の名物料理として有名。

次回はこちらを!!!

 

夏休みの計画は、、、その4

それではやっと、やっと、やっと

「淡路島かわらや」のご案内の準備ができました。

淡路島かわら焼ランチ

目次[▲]

遊んで食べれる「淡路島かわらや」とは、、、

食べ方いろいろ「淡路島かわら焼」

不思議と集中してしまう瓦粘土遊びとは、、、

淡路島かわらや入口

テレビや雑誌などでも、ときめきグルメとして

話題の「かわら焼」が食べられるお店を淡路島で見つけました。

西淡三原ICから車で10分のところにある

「淡路島かわらや」で通年提供されています。

夜は予約のみで営業しているお店ですが、

今回は平日のランチに提供されている

「かわら焼」にフォーカスしてご紹介します。

またまた、、、つづく。

 

 

前回は「淡路島かわらや」到着までご案内しました。

IMG_1922瓦工場の見学をして見てみようかな?!

瓦粘土体験してみようかな?!

かわら焼食べてみようかな?!

「淡路島かわらや」ではこんなことが楽しめるのですが、こちらのご案内は後ほどプログで紹介します。

食事、体験・・・中略(後ほどプログで紹介)

「ほかに淡路瓦を楽しむとこないの??」

「もっと淡路瓦のことが知りたい!!」

「もっと淡路瓦を見たい!!」

こんな方には今人気を爆している「瓦割り」(セゾンカードのCMなど沢山のメディアにとりあげられています。)

それからゴルフ好きの方は「瓦パター」などをご紹介していきます。

はい、目指すは淡路島の中でも沢山の瓦屋さんが集まっている津井地区へ目指します。ナビは0799-38-0201を設定。89362659-14E1-4996-AC9F-2BB31BF97E2D

お出迎えの瓦の町の看板を通過し、

EA01BB05-4069-46A2-88A5-ABBC5649AAF5

こちら産業文化センターの入り口です。

入場無料たくさんの古瓦が展示されています。

こちら見学の後、目指すはあの有名な空手瓦で知られる「瓦割り」

谷池健司製瓦所

12BB15FC-391A-4F17-964C-4A683E15BA11

入口にはこんな展示しています。そして工場は↓↓↓

542AA02C-0106-4D7D-8329-B7C966A7CB07

あとは到着後のお楽しみ!!!(瓦割り所要時間1体験20分)

瓦をパキーンと割ってストレス発散できたかな?!

さて次は鬼瓦職人さんが沢山おられる(株)タツミさんへ向かいます。0799-38-0309

66EE8FF8-F133-4CD3-B00D-857C109762157AD3F6AF-6134-46C1-8EB3-B5BFAEA82F70

こちらのギャラリーにはたくさんの鬼瓦と瓦グッズが展示されています。(日曜日-定休日)

見どころ満載のタツミさんでは1時間くらいの滞在時間を予定しているほうがいいでしょう。

では沢山の鬼瓦とお別れします。

これより車を5分走らせ向かうは大栄窯業(株)さんへ

0799-38-0500  (日曜日-定休日)

こちら超こだわりのギャラリーがありコースターづくりの体験・瓦パター試打・瓦グッズ即売をしています。特に瓦パターはヤフーニュースに取り上げられるほど注目されています。82B792A6-9E70-4522-862E-B9E7AA6E846D7B763654-2481-46B1-A6DA-B84EB33891E7

いかがですか??実はまだまだ見るべきところは沢山ありますが今日はこの辺で、、、つづく

夏休みの計画もそろそろ決まってきた?!

さてっと前回のブログではここ!!E43F8ACB-1B40-40D1-B6D3-625BDBC54A2D

西淡三原IC前の青海波のピラミッドまでご案内しましたね!!

弊社、淡路島かわらやでランチは少し早すぎるので瓦の町を探索してみましょう!!

西淡三原IC前の信号を右折します。50mほど走り再び右折、道なりに約10分走ります。途中、狭い道・カーブなどありますが基本的に直進4つ目の信号を左折!!(ナビで南あわじ市役所の設定でもいいでしょう。)

CDE8C906-B55F-483C-A424-44BE2C58BADE

ここは南あわじ市役所!

さすが瓦の町!

いろんなところで多様な瓦が使われています。

1EE5FD84-37FC-47A3-88BC-58EBDB100B05

市役所内にも沢山の瓦が使われています。

全貌は車から降りて現地でお楽しみ下さいね。

記念撮影もOKだと思います。

撮影も終わりましたか?お昼には少し早いような気がしますが

「淡路島かわらや」

を目指すことにしましょう。

車Uターンします。(ナビは0799-36-2303でいいでしょう)

すると視野に超ビッグな鳥居さんが入ります。淡路島おのころ神社

ここはナビを無視して、、、向かうことにします。

途中、酒蔵見学できる都美人酒造さんがあります。

こちらも訪問の価値あり!!!

ともかく日本で初めて生まれたといわれるおのころ島神社を参拝することにします。

また、ここには淡路島の新鮮野菜などが無人販売されています。

(100円玉を箱に投げ込みほしい野菜を勝手に持ち帰るしくみ)

田舎ならではですね(笑)

ではではここより約5分、「淡路島かわらや」を目指します。

再度ナビを設定!!

田園地帯のど真ん中!!こんな所に「淡路島かわらや」があります。

IMG_1922

 

外見はただの工場???

ここ入っていいのかな?!と心配してしまいそうな風貌?!

駐車場の奥のほうに入口があります。

勇気を振り絞って入ってみることにしましょう!!!

つづく

夏休みの計画は、、、

まだ少し早いかな???

でもでも淡路島で宿泊希望の方は早めに予約しないとヤバいっすよ!!

淡路島へ来られるお客さんの大半は「まぁまぁ淡路島くらいは日帰りで十分だ!」とお考えのようです。がしかし、、、

淡路島にはたくさんの見所があります。どれもこれもを一日で回るのは不可能です。

そこで今回はこちら「かわらや」って事で淡路島の伝統産業である

瓦中心の見どころを紹介します。かなりニッチな旅になりますがよろしくお願いしますね!!

夏休みの宿題がひとつクリアできるかもしれませんよ!!!

さてさてまずは淡路島へ行くにはどうしても外せないのは明石海峡大橋、大鳴門橋!!

明石海峡大橋を渡ると直ぐに超人気のSAがあります。

連休中などはかなり込み合いますがお盆を避ければ大丈夫でしょう?!

そして、淡路島のスターバックスはこれ!!

IMG_0320

こちらの壁は淡路島瓦製です。

触っても叱られないと思います。

瓦の質感とカッコよさを感じ、こちらで少~し一休みしてください。ロケーションも最高ですよ!!

さあ目指すは瓦の町、南あわじ市西淡三原ICへ、、、

まずそこで目にするのはこれ!!

E43F8ACB-1B40-40D1-B6D3-625BDBC54A2D

IC前の甍公園にそびえたつ何か変な物体???

約11万枚の瓦が積み重なっています。。

その名は「青海波ピラミッド」!!

こちら間違えても登っては駄目ですよ!!

ここから弊社、“淡路島かわらや”まで5分くらいで到着しますが

少し寄り道をしてみます、、、、、つづく

 

 

 

 

 

 

ご好評いただいた新年福招大抽選会で、、、

惜しくもご当選できなかった方、、、

お待たせ、、、の

ダブルチャンス抽選発表です。

当選番号

みなさん抽選券はお持ちでしょうか??

お財布の中?!を確認してくださいね!

もれなく200円の割引券はゲットしていますよ!

本年8月31日までが有効期限です。

春休み、、は

ゴールデンウィーク、、は

夏休み、、は

淡路島かわらやへ

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

干支瓦・七福神めぐり

 

ただ今開催中の新春福招き大抽選会!!

当選者続々!!

大阪より毎年お越しの中村さんは狙い通りの丸型干支瓦をゲット!!

扇型干支瓦をゲットされたのは、かわらや初ご来店のご夫婦!!

地元のO電気さん、こちら会社に飾ってくれるそうです。img_2378

残念ながら抽選にハズレた方にはweb抽選券を配布しております。

安冨白土瓦“かわらや”ご利用割引券が当ります。

こちらの抽選日は2月20日月曜日になります。

乞うご期待を!!

淡路島七福神めぐりをご計画の方、淡路島黒岩水仙郷に行かれる方

には特にいいお土産になるのではないかと、、、、、、

 

 新年あけましておめでとうございます。

いよいよ酉年の幕開けです。

弊社ごとにはなりますが、昨年は親父(享年83歳)が亡くなったりとか

本当にいろんな事がたくさんありましたが、、、、

皆さんのご協力も頂きながら、なんとか1つずつクリアし新年を迎えることが

出来ました。

そこで、、、、、、

皆様に感謝をこめて本年もやります。。。。。。

新春恒例大抽選会

image1-2

昨年の特賞宝船に当選者はこの方!!!!!!

昨年は初日に当選され特賞を追加したのは秘密です。

他にも、、、

淡路島干支瓦

他にも・他にも・他にも・他にも・他にも・他にも・他にも・他にも・他にも

などなどたくさんの景品を用意しています。

期間は淡路島黒岩水仙郷の見ごろに近づく1月7日からピークを迎える

2月12日まで(水仙の開花状況に応じ延長あり)

こちらの黒岩水仙郷へは弊社かわらやより車で30分あまりで行くことが

できます。

淡路島黒岩水仙郷

また、淡路島のこの時期はアノ大鳥居のおのころ島神社への

参拝者も非常に多くなります。弊社より車で5分の距離にあります。

淡路島おのころ神社

淡路島の新年で忘れてはいけないのが

淡路島七福神めぐり

たくさんのバスツアーも企画されています。

shichifukujin

ランチに立ち寄るには好条件に立地する

   かわらや(赤印)

淡路島の食材を瓦の上で焼くという独自な手法で営業しています。

また淡路瓦の粘土を使った体験もできます。

今回はこちらのいづれかのご利用をされたお客様対象です。

ガラガラ大抽選会

お楽しみに!!!!!

 

 

 

 

かわらや安冨です。

夏休みの宿題は済ませましたか??

こちら“かわらや”でも宿題用の作品作りにご利用される方が多いですよ。

淡路瓦体験作品

こちら過去に来られた方の作品ですが

瓦粘土に思うがままに絵を描いていきます。

時間とともに自然と土に引き込まれていきます。

約1時間余りの粘土遊びです。もちろん制限時間は

特に設定していませんので、納得いただけるまでお楽しみください。

その後、乾燥させ2日間かけて焼き上げます。

焼き上げはこちらの鬼瓦のようないぶし銀になります。

淡路島体験鬼瓦

さてさてと、、、

無事作品づくりを終えたらお楽しみのランチタイムです。

ここでは他にない“かわら焼”を召し上がる事ができます。

淡路島かわら焼ランチ

淡路島の新鮮な食材は、、、、

もちろん淡路瓦の上で焼きます。

こちらも瓦体験と共にお楽しみくださいね。

お味の方は、、、、

召し上がってのお・た・の・し・み!!

夏休みの思い出づくりに、、、

お待ちしております。

IMG_1922

 

夏休み「淡路島 かわらや」満喫プラン!!

夏休みの思い出作り・自由研究に最適のプランです。

まずは、プレス機で粘土を成形してみよう。

DSC_0274

もちろんスタッフが補助しますのでご安心を!!
プレス体験2<
次に工場内の見学にLet’s Go~~。

※製造が止まっている場合もあります。

ここでもスタッフが同行しますので分からない事は質問して下さいね。

DSC_0281

それから…工場を出て外へ~

DSC_0286

瓦割ってみた~い験!!

ここで焼きあがった本物の「いぶし瓦」を割っちゃおう!!

※雨天時中止・小さなお子様は保護者と一緒に体験しよう!

それからそれから…

体験場へ戻って瓦粘土彫刻体験!!

プレスした粘土とは違う粘土も選べます。

でも、オススメは自分でプレスした粘土ですね!!!

im (21)

粘土体験が終わったらお腹も空いてきた頃!!

名物の「かわら焼き」を召し上がれ~

ランチA 淡路島 体験 瓦 観光 グルメ かわらや

安冨白土瓦「淡路島 かわらや」でしか体験できない特別な夏を是非体験しに来てくださいね!!
お土産もあるよ~!!!
ご予約はコチラから
     ↓↓↓

予約する

1 / 212

予約申込

このページの先頭へ