団体様も淡路島のこだわり体験&観光グルメ、人気のかわら焼

淡路瓦について

淡路瓦は、幾多の時代と社会の変遷のなか、 400 年の歴史を刻んだ伝統工芸的地場産業です。その間、先人から子々孫々へと受け継がれ、知恵と美意識に磨かれた瓦の形状は、実に数千種類にも及んでいます。

日本の屋根を代表する淡路瓦として、その巧みな組み合わせにより、あらゆる建築物、建築様式に飽きることのない詩情と普遍美を表現し、都市の街並や田園風景にしっとりとした調和と奥深い情緒を生み出します。

今回皆さまのテーブルにご用意させていただくいぶし瓦は、屋根に一番多く使う桟瓦(さんがわら)です。この瓦自体は、いざ屋根に上がれば 100 年以上の耐久力があり、皆さんの生活を支 えていきます。

「かわら焼」では、このいぶし瓦に急激な熱を加えていくため、耐久力が弱くなり亀裂が入ってしまいます。 亀裂の入った瓦たちは、皆さんに美食を提供し大地へかえっていくわけです。

 

素材こだわり・淡路島・瓦・体験・観光・グルメ・かわらや

あわじ猪豚(ゴールデン・ボアポーク)

ゴールデンボアポーク1・淡路島・瓦・体験・観光・グルメ・かわらや淡路島産・猪豚は、猪と黒豚(バークシャー、デュロック、ゴールデン神出)の交配により生まれました。猪豚肉の旨味、本来の美味しさを追求し生まれたとても貴重なお肉です。

じっくりと時間をかけて育てた猪豚(ボアポーク)はキメが細かくてとても柔らかく、 脂肪は甘くあっさりしており、臭みも全くなくまろやかな味になっ ていますので、お子様から大人まで大満足していただける美味しさです。

 

栄養価の高い健康的な高級肉

ゴールデンボアポーク2・淡路島・瓦・体験・観光・グルメ・かわらや猪と豚の交配により生まれた猪豚は、両者の長所を受け継ぎ、健康的で安心、安全な素晴らしいお肉です。 食品成分上は、「猪豚」 > 「猪」 > 「黒豚」 > 「豚」として位置づけられています。

ゴールデンボアポークの脂肪には、パルチミン酸、ステアリン酸、オレイン酸やコレステロール値を下げるリノール酸が多く含まれています。また赤身には美肌・疲労回復に役立 つといわれているビタミン B1・B2 が含まれており、肉類の中でも猪豚肉のビタミン B1 の含有量は、牛肉の 10 倍、うなぎの約 2 倍となっています。

またビタミンCやαリノレン酸が豚肉の2~3倍含まれ、貧血の予防に効く鉄分やカルシウムなどミネラルがたっぷり含まれています。 この豚脂肪酸中には、人に大切な成分で人体の脂肪を分解させてくれる作用をもっています。

安心、安全、美味しい食材をご賞味いただきます。

猪豚の飼料は、非遺伝子組み換えトウモロコシと大豆を指定配合し、酒粕、緑草を与え約9ヶ月間飼育された安心な食材です。 その他、新鮮なお野菜をご用意します。淡路産の玉ねぎは糖度が高く香りも優れており、繊維も柔らかく、日本一美味しい玉ねぎです。

血液中のコレステロールを低下させてくれるので、猪豚との相性は ぴったりです。 淡路島で育ち、厳選された食材を使用しております。新鮮・安心な食材をそのままお召し上がりください。

瓦で焼く、こだわりの焼き方。

炭の火力が60%位で瓦を乗せます。瓦にはいったん油を塗りますが表面の油が乾いてきた頃に焼き始めてください。

最初は瓦の中心部に4~5枚くらい(特に脂身がおススメ)の淡路島ゴールデンボアポーク乗せ、ジュワっと脂が上がるのをまちます。

最後に1回だけ返す。

何回も返さないのがこだわりの焼き方です。

まずは淡路島の藻塩で。

まずは食材の宝庫、淡路島で厳選された藻塩でお召し上がりください。

ポン酢は“かわらや”が選んだこだわりポン酢を!

醤油は“かわらや”が選んだ2年熟成醤油を!

わさびとの食べ合わせも最高!

またステーキマジックはコンソメ味の忘れられない人気調味料!

他にもお好みに合わせ、こだわりの召し方をお楽しみください。

  

予約申込

このページの先頭へ