遊んで食べれる「淡路島かわらや」とは、、、

「淡路島かわらや」は37年前、淡路島の地場産業である

瓦製造業者(安冨白土瓦)として誕生しました。

25年懸けて製造強化しひたすら瓦造りに専念する一方

瓦産業の危機感を感じていた。

そこで取り組み始めたのがPR活動を含めた

瓦粘土を使った体験教室。

粘土遊びと淡路島の観光を結びつけた。

淡路島の瓦粘土はきめが細かく女性の肌のような

滑らかな土。

この〝土いじり〟ってのは、始めるとなぜか集中力が

高まり時間を忘れてしまう。

幸いにも当施設はキャパが大きいので(瓦工場ですからね)

大きな団体さんが入ってない限り大抵はゆっくり楽しめる。

淡路島瓦粘土

 

 

 

いい作品を作ろう!かっこよく仕上げようとか、、、、

決して気負わず童心を取り戻すつもりで気楽に取り組むのがコツ!!

・目的は瓦粘土に触れること!!

・粘土を楽しむ!!

・こう考えれば気楽にチャレンジできますよね!!

しかも、大胆に仕上げるほうが味が出るんですよね・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また10年前、淡路島の瓦と玉ねぎ、淡路島ポークがコラボした

『かわら焼』がときめきグルメとして話題となり、今や

淡路島の名物料理として有名。

次回はこちらを!!!

 

2017年7月16日

予約申込

このページの先頭へ